AKB48グループNEWS

新着NEWS
(05/08)AKB48込山榛香、スパルタ振付師が「初めてケンカを売られた」気迫の真相
(05/07)乃木坂46秋元真夏が炸裂させた上田晋也も悶絶“刺激強すぎ握手”の魔力!
(05/07)欅坂46新番組、心ないブーイングにファンが「華麗スルー」で返り討ち!
(04/14)小島瑠璃子が欅坂46の長濱ねるに「公開処刑」…されなかった夜!
(04/14)乃木坂46、人気ゲーム企画で「号泣メンバー」も出た大荒れ展開の波紋!
(04/07)乃木坂46 、あまりの冷たさに悲鳴?「シンクロニシティ」MV完成
(04/07)指原莉乃、AKBステージ落下事故への「不注意」発言に見る“男になった女権力者”の顔
(04/03)元乃木坂46の日テレ・市來に科せられそうな“ハードル”
(04/03)AKB48・峯岸みなみを筆頭とした“居残り組”に内部も苦慮? 「やめてほしい」の声も
(03/25)板野友美、AKB48デビュー前“14歳当時”の激レア写真を公開「幼くて可愛い」「やんちゃっぽい」と反響
(03/06)早くも総選挙1位に“赤信号”が灯ったSKE48・松井珠理奈
(01/26)松井珠理奈、自身のコンプレックスを語る
(01/26)元SKE48金子栞結婚、アイドルとスポーツ選手の組み合わせは?
(01/18)欅坂46・平手友梨奈、右腕のケガより深刻な“メンタル問題”「不安定な状態が続いていた」
(01/14)欅坂46平手友梨奈、全治一ヶ月の怪我「日本武道館公演」変更
(01/14)NGT48北原里英、卒業コンサート開催決定で涙
(01/14)指原莉乃、顔激変で白石麻衣そっくりに!整形し過ぎで自滅か? 占い師は「文春砲に気を付けて」と忠告、恋愛スキャンダルの可能性も
(01/14)乃木坂46西野七瀬と野村周平が共同生活「電影少女」<第1話あらすじ>
(01/13)紅白での欅坂メンバー過呼吸ダウンの背景
(01/13)島崎遥香、本郷奏多にキス・首輪・札束ばら撒く…“ドSぱるる”に視聴者驚愕「震えた」<リピート〜運命を変える10か月〜>

AKB48込山榛香、スパルタ振付師が「初めてケンカを売られた」気迫の真相

 まさかの素のキャラ発覚にファンもビックリ!?



 AKB48が本拠地である秋葉原のAKB48劇場で牧野アンナプロデュース「ヤバいよ!ついて来れんのか?!」公演の初日の4月17日。同公演は安室奈美恵も在籍していたスーパーモンキーズの元リーダーで、AKB48の大ヒット曲「言い訳Maybe」「ヘビーローテーション」などの振り付けを担当した振付師の牧野アンナ氏が、メンバーの選定、セットリスト、振り入れ指導まで全て行ったプロデュース公演だが、当日の初日を迎えるまでに某メンバーと牧野氏の間で一波乱あったことが、初日公演前に行われた囲み取材で明かされている。

 牧野氏はメンバーに怖れられる存在であり、ファンの間でも「鬼軍曹」と呼ばれるほど、ダンスレッスンの指導もスパルタなことで知られている。しかし、そんな牧野氏が公演に向けてのレッスンで「私にケンカ売ってきたんです」と、あるメンバーからケンカを売られたことを告白している。

 そのケンカを売ってきたと紹介されていたのが、AKB48のチームKキャプテンを務めている込山榛香だ。何でも、牧野氏はファンの胸を震わすような公演を完成させるために、それこそ牧野氏がメンバーにいつも以上に厳しく指導していたとのこと。そのため、メンバーたちは牧野氏に怯えていたというが、込山だけは違い、牧野氏に煽られても、睨みつけ、舌打ちも打つなど、反抗的な態度をとっていたという。牧野氏によれば、「AKB史上私にケンカ売ってきたのは初です」と、黄金世代と言われていた前田敦子らオープニングメンバーを含めても、初めてケンカを売ってきたのが込山だったというのだ。

「込山にも思うところはあったようで、衝突したようですが、牧野氏の思いを汲み取ると、その後は注意するところがないぐらい振り切ってレッスンに臨んでいたといいます。チームのキャプテンを引っ張る立場であれば、納得いかないことがあれば、時には上の人間が相手だろうとメンバーを代表して噛みつくことは必要なことかもしれません。ですが、加入当初はぶりっこや、腹黒キャラという認識があった込山が牧野氏にケンカを売ったということにはファンも度肝を抜かされたようですね。ただし、ケンカを売っただけではイメージが悪いですが、牧野氏とぶつかり合った後の頑張りは牧野氏も感心していたようですし、むしろ個性を出してきた込山の好感度が上がったというファンも少なくないようです」(エンタメ誌ライター)

 HKT48の指原莉乃も当初はヘタレキャラでブレイク。最近ではNGT48の中井りかがファンに攻撃的な発言をする炎上路線で注目を集めたりしているだけに、込山もこのエピソードを武器に過激キャラで売り出してみてもいいのでは?(石田安竹)


messefriend23.jpg




☆注目記事
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
小嶋陽菜、パイ○リ専用の服を着てしまう(画像あり)

【衝撃】元NMB48岡田梨紗子「あっ、あかん…」と漏れる吐息…⇒松田美子A○転向…

乃木坂46と欅坂46、「深刻な問題」が露呈

川栄李奈、アイドル復活!? 「アイドルポーズだよう」と“激カワ”ショット披露

板野友美&島崎遥香、“ちんぱる”コンビがAKBソングを熱唱 ファンから歓喜の声殺到

NMB48山本彩、美谷間ちらり 進化した“今”の美しさ披露

元SKE柴田阿弥アナが初写真集発売、水着姿も披露











乃木坂46秋元真夏が炸裂させた上田晋也も悶絶“刺激強すぎ握手”の魔力!

 4月30日に放送された「しゃべくり007」(日本テレビ系)に乃木坂46が出演。「これで人気の理由がわかる!お父さんのための乃木坂講座007」と題し、写真集が売れすぎている白石麻衣を始め、秋元真夏、生田絵梨花、齋藤飛鳥、西野七瀬、松村沙友理が登場、魅力を伝えることに“成功した”模様だ。




「メンバーそれぞれが、特技や特徴などをテーマにアピールする時間が設けられていました。白石麻衣はブレイク中の芸人・ひょっこりはんとコラボし、すぐさまネット上が“バズる”反響を得ていましたし、フィンランド民謡を披露した生田絵梨花も、その実力を伝えながらも奇妙な歌なだけに笑いも取っていました。そして、何よりも“人気の理由”を明確に伝えたのは、秋元真夏による握手会での扮装の再現だったのではないでしょうか」(テレビ誌ライター)

“乃木坂イチの釣り師”の異名を持つ秋元真夏は、握手会の時に好評という猫の扮装で登場。ちなみに“釣り”とは、ファンの気持ちを釣り上げるという意味で、言い換えれば、釣り師とは“過剰にあざといが許されるキャラ”というニュアンスというわけだ。

「番組上でも秋元が、あざとさを発揮し、他のメンバーたちは辟易して白けるという、一連の“団体芸”が披露され、ファンも十分に満足したようです」(前出・テレビ誌ライター)

 通常の握手をした後に、両手で「恋人つなぎしていい?」と指を交互に絡ませて「大好きだよ」とスマイル。「私捨て猫なの。拾ってくれる?」と上目遣いをしたりも。この秋元の握手に、徳井義実や上田晋也が「好きー!」と絶叫するなど、オジサンメンバーたちはメロメロに。

「結果、秋元の“あざとさ”をイジる雰囲気ではなくなったため、乃木坂ファンにとっては『これでは他のメンバーが意地悪に見えるかも』という懸念はあったかもしれません。ですが、番組としておもしろかったため、ファンたちもニヤニヤとしつつ眺めていたようです」(前出・テレビ誌ライター)

 お父さんたちには、魅力が十分に伝わった?



☆注目記事
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
小嶋陽菜、パイ○リ専用の服を着てしまう(画像あり)

【衝撃】元NMB48岡田梨紗子「あっ、あかん…」と漏れる吐息…⇒松田美子A○転向…

乃木坂46と欅坂46、「深刻な問題」が露呈

川栄李奈、アイドル復活!? 「アイドルポーズだよう」と“激カワ”ショット披露

板野友美&島崎遥香、“ちんぱる”コンビがAKBソングを熱唱 ファンから歓喜の声殺到

NMB48山本彩、美谷間ちらり 進化した“今”の美しさ披露

元SKE柴田阿弥アナが初写真集発売、水着姿も披露


















欅坂46新番組、心ないブーイングにファンが「華麗スルー」で返り討ち!

 飛ぶ鳥を落とす勢いの欅坂46。そんな彼女たちの新たな冠番組が4月1日から始まり話題となっているものの、その「欅坂46のあっぷっプリ」(フジテレビ系)に対し、「とてもつまらない」「この番組見てるヤツいるの?」「企画した人がダメ」など、一部のアンチがネット上で猛然と批判を浴びせているようだ。


「新番組といっても日曜午前11時45分からの5分枠。実質、2分番組といっていい(笑)。欅坂のメンバーが週替わりで登場し、今では日常語になった“インスタ映え”に挑戦。話題のスポットで笑顔やオモシロ顔などで写真を撮りまくるという番組です。おもしろいかおもしろくないか?ぶっちゃけ、ファンが見れば楽しい、それ以外の人はご自由にという印象でしょう。でも、アンチがつまらないといって猛然と批判するような番組枠ではないと思います」(エンタメ誌記者)

 番組初回は長濱ねる、8日放送の第2回は今泉佑唯ということで、彼女たちを推しメンにしているファンは歓喜。特に今泉のインスタ映え写真「肉泉」には、一時はぽっちゃりをイジられていた今泉の自虐ネタだとファンも苦笑ながらも称賛。また、「批判してる人はアイドル番組に何を求めてるの?」といった、批判を返り討ちする声には他にも、「それな」「他のアイドルの番組もファン専用やん」があったり、また、華麗にスルーするような態度にもとれる、「そのとーり」「さっそくアプリをダウンロードした」など、要は、アンチを蹴散らす“熱い賛同”が増加中だとか。その一方で、「なぜぼっち?2人出して撮り合いさせればいいのに」「どこかで見た衣装が多いから、ちょっと考えてほしい」など、ガチ意見も聞こえている。いずれにせよ、人気アイドルグループならではの“自由”な番組。「好きならいいじゃない!」と、ファンが盛り上がっていくことが一番かもしれない。(塚田ちひろ)

















小島瑠璃子が欅坂46の長濱ねるに「公開処刑」…されなかった夜!

 欅坂46の長濱ねるが前回大会の屈辱を跳ね返した! 

ダウンロード.jpg

4月5日に放送された「ザ・タイムショック 最強クイズ王決定戦SP 2018春」(テレビ朝日系)に出演した長濱は、一回戦の「1対1学力タイムショック」、そして二回戦の「4人バトルタイムショック」にみごと勝利。

準決勝では惜しくも敗退するも、昨年3月の同番組で喫した一回戦敗退の汚名を返上することに成功した。


 そんな長濱の活躍に見惚れていたファンはもちろん、彼女の類まれなる美貌にも注目。1st写真集の累計発行部数は17万部を超え、携帯電話会社のテレビCMでもその美しさに注目が集まるなど、いまや坂道グループきっての美少女として人気だ。

今回の放送でも東大生タレントの菊川怜や三浦奈保子、にゃんこスターのアンゴラ村長といった美形タレントに圧勝していたが、その長濱に堂々と立ちはだかった人気美人タレントがいたという。

「惜しくも一回戦負けを喫した小島瑠璃子です。二人は他の参加者がクイズ対決している間は、ひな壇に並んで座りながら応援。

長濱はおなじみの黒い衣装、そして小島は対照的な白いシャツを着用し、その対比からして制作陣が『美人対決』を演出しているのは明らかでした。

ネット上にも2人が並んでいるところのキャプチャー画面が大量にアップされており、いつもなら『長濱ねるが小島瑠璃子を公開処刑!』となるパターンのはず。

ところが2人は方向性の違う美しさをそれぞれ発揮しており、ネット民も美の競演に酔いしれていたようです」(テレビ誌のライター)




 この二人は衣装の対比にとどまらず、顔つきはタヌキ系で垂れ目の長濱に対して、小島はキツネ系で吊り目。

出身地は長濱が幼少期を長崎県五島列島で過ごしたのに対して、小島は大都市の千葉市育ちだ。

そして笑い方も長濱が控えめなのに対して、小島は大口を開けてギャハギャハとはしゃぎまくるタイプ。まさに対照的な二人だが、今回の美女対決ではどちらに軍配があがったのだろうか。

「長濱はふだん欅坂46の一員としてテレビに出ることがほとんどですが、今回は一人のタレントとして出演。それゆえ『長濱ってあらためて見ると本当に可愛いね』と、その美少女ぶりを再認識されたはずです。

そして小島のほうも、いつもはバラエティ要員として活躍していますが、今回は『長濱にも引けを取らないなんて、実は美人だったんだな』と、こちらも評価を上げたはず。

もはやどちらが上かと論ずるのも無意味なほどに、両者優勝といったところではないでしょうか」(前出・テレビ誌ライター)

 クイズのほうは準決勝進出の長濱に対して小島は一回戦敗退と差がついてしまったが、多くの視聴者は二人の美人対決を心ゆくまで楽しめたことだろう。(金田麻有)








乃木坂46、人気ゲーム企画で「号泣メンバー」も出た大荒れ展開の波紋!

 人気企画のはずが涙する者も出る展開になっていた。

 3月23〜25日に放送された乃木坂46のインターネット特番「乃木坂46時間TV」内で行われた企画「朝まで乃木坂人狼」が、何ともスッキリしない結末を迎えて、波紋を呼んでいる。

20180414_asagei_nogizaka-250x250.jpg

同企画は会話型心理ゲーム「人狼ゲーム」を乃木坂メンバーたちが深夜に生放送で行うというゲーム企画で、過去の同特番で放送された時もファンにも人気の企画であった。ゲームの内容を簡単に説明すると、プレイヤーは「村人サイド」「人狼サイド」に分かれて戦い、毎ターン人狼と思わしき人を話し合いで決めて排除していく。その末に、村人サイドは狼(人狼)を全て排除することができれば勝利。人狼サイドは村人と人狼の数が同じになるまで、村人を欺き、残ることができれば勝利となる。

 要はウソをつくメンバーと、それを見破ろうとするメンバーの攻防が醍醐味で、ファンにとっても見応えがあるものなのだが、今回で3度目の開催となる企画ということもあり、この日の第一試合では村人チームとなった高山一実、新内眞衣というプライベートでも人狼ゲームを好んで遊んでいる経験豊富な2人を中心に話し合いが進行され、最終的には村人チームが勝利した。

 しかし、ゲームに熱中するあまり新内らの口調が少し強まってしまう場面もあり、人狼サイドであった星野みなみが泣いてしまい、第2試合に参加できず、早退するというファンも心配する予想外の事態が発生。

 さらにその後の第2試合では、第1試合で星野が泣いてしまったのは自分の言動にも責任があると感じた新内が明らかに落ち込んだ様子を見せ、他のメンバーたちも新内を気遣いながらゲームを進めるというあまりいい空気ではない状態で終始展開され、幕を閉じた。

 後に新内はラジオでこの件を反省。ゲームに参加していた秋元真夏も企画が重くなってしまったこともあってか、「疑うゲームだからちょっと勘違いされやすいけど みんな仲良く、眠い中、どうにかこうにか思考回路をね、フル回転させてやってましたよ」と、フォローコメントを出していた。

 そのため、ファンからも「今回の人狼は荒れたな」「ゲームに不慣れなメンバーはこの独特な空気嫌いだろうな」「楽しみな企画だったけど、今回はメンバーたちが気の毒」といった声が上がるなど、後味の悪さを感じる者も多かったようだ。

「実際、星野が泣いてしまったのは新内に責任があると新内を責めるファンもいましたが、星野が泣いていたのは自分がゲームに不慣れなせいでゲームがおもしろい展開にならなかったことと、このゲームでウソをつくことで自分のイメージダウンになってしまうことを危惧したからと説明しています。だからこそ、新内はそこまで自身を責めることはないでしょう。また、村人チーム、人狼チームの人数配分は村人が10人に対して、人狼が2人ということもあって、ゲーム中のメンタルへの負担は圧倒的に人狼側の方が大きい。そのため、誰が人狼を担当するかはスタッフが決めることができるのですから、もっと経験豊富なメンバーに人狼を担当してもらうなどといったスタッフ側の配慮も必要だったのではないでしょうか。ゲーム企画でファンの反応が過剰になるのは乃木坂が以前よりも人気が出たことと、それだけ夢中になってファンもこの企画を見ていたということでしょうから、今回の反応をプラスに考えて、もっとリラックスしてゲームに臨むぐらいがちょうどいいのかもしれません」(アイドル誌ライター)

 次回、同特番が放送された時に、人狼ゲームがまた行われるかは微妙なラインだが、同特番の目玉企画ととらえ、「人狼ゲーム」を楽しみにしているファンも多いだけにぜひとも次回も実施してほしいものだ。(本多ヒロシ)



☆注目記事
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
小嶋陽菜、パイ○リ専用の服を着てしまう(画像あり)

【衝撃】元NMB48岡田梨紗子「あっ、あかん…」と漏れる吐息…⇒松田美子A○転向…

乃木坂46と欅坂46、「深刻な問題」が露呈

川栄李奈、アイドル復活!? 「アイドルポーズだよう」と“激カワ”ショット披露

板野友美&島崎遥香、“ちんぱる”コンビがAKBソングを熱唱 ファンから歓喜の声殺到

NMB48山本彩、美谷間ちらり 進化した“今”の美しさ披露

元SKE柴田阿弥アナが初写真集発売、水着姿も披露








乃木坂46 、あまりの冷たさに悲鳴?「シンクロニシティ」MV完成

乃木坂46が4月25日に発売する20thシングル『シンクロニシティ』のミュージックビデオ(以下、MV)が公開された。



撮影は3月中旬に、長野県にある建築家・三澤文子氏がデザインした木造作品で敢行。偶然の一致を意味する“シンクロニシティ”を、ダンスやフォーメーション、一人一人の表情などで表現することがコンセプトとなっており、笑顔のメンバーもいれば、無言や話しているメンバー、急に歩いたり止まるメンバーなどがいる中で、“ある瞬間、全てが偶然一致する”というMVに仕上がっている。



乃木坂46『シンクロニシティ』MV、撮影時のエピソード&見どころは?

メンバーは全編裸足で踊り、床がコンクリート、外が大雨の中で撮影が始まった瞬間、全員が足の冷たさに悲鳴をあげ、撮影現場にはジェットヒーターの他に足湯が準備されたというエピソードも。

2017年のNHK「紅白歌合戦」のオープニング映像や、乃木坂46では『制服のマネキン』『扇風機』『孤独兄弟』のMVを演出した映像ディレクター・池田一真氏を監督に迎え、昨年の日本レコード大賞受賞曲『インフルエンサー』の振付を手掛けたSeishiro氏が、この作品の振付を手掛けた点にも注目だ。(modelpress編集部)

ikukuru.jpg




☆注目記事
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
小嶋陽菜、パイ○リ専用の服を着てしまう(画像あり)

【衝撃】元NMB48岡田梨紗子「あっ、あかん…」と漏れる吐息…⇒松田美子A○転向…

乃木坂46と欅坂46、「深刻な問題」が露呈

川栄李奈、アイドル復活!? 「アイドルポーズだよう」と“激カワ”ショット披露

板野友美&島崎遥香、“ちんぱる”コンビがAKBソングを熱唱 ファンから歓喜の声殺到

NMB48山本彩、美谷間ちらり 進化した“今”の美しさ披露

元SKE柴田阿弥アナが初写真集発売、水着姿も披露








指原莉乃、AKBステージ落下事故への「不注意」発言に見る“男になった女権力者”の顔

「本人たちは絶対に自分の不注意だってわかってるから。。なんでも運営運営っていうのは違うんですよねえ。。」HKT48・指原莉乃
(公式Twitter、4月2日)

2016sashiko_dai9i.jpg
指原の自己プロデュース力はどこへ向かう……

 昨年の『今夜解禁!ザ・因縁』(TBS系)で、タレント・ダレノガレ明美が、「野球関連の仕事を、稲村亜美に持っていかれた」と訴えていた。ダレノガレは元ソフトボール部で“野球”を芸能活動のウリとしていたが、野球選手と事実無根の熱愛記事が出たことで、「野球選手目当てのオンナ」とみなされ、仕事が激減したそうだ。代わりにグラビアアイドルの稲村亜美に仕事が流れたため、ダレノガレは稲村を恨んでいるという。

 はっきり言って、ダレノガレの“言いがかり”だったが、ここでわかるのは「仕事を取るのは、戦い」ということである。芸能界のような人気商売は、実績がある人にオファーが集中する仕組みになっていることから考えると、「他人に1つも仕事をやりたくない」というのが芸能人の本音であり、そういった風潮が、仕事をくれる人、権力を持つ人の言いなりになる構造につながっていく。

 その稲村が、先月、日本リトルシニア中学硬式野球協会関東連盟の始球式に参加した。堂々たるピッチングを披露した後に、事件が起きた。稲村を取り囲んでいた中学生たちが、稲村に突進。稲村は人の渦に巻き込まれてたちまち見えなくなった。こんな経験をしても、稲村は「わたしは全く問題なく大丈夫ですよー」とツイートし、マスコミは“神対応”とほめそやした。

 “神対応”するに決まっているではないか。なぜなら、ここで文句を言うことは、連盟に盾突くことになり、仕事を失う可能性があるからだ。常識的に考えて、1,000人ともいわれる男子中学生が、自分に向かってきたら、生命の危険を感じるほどの恐怖だろう。あんなにもみくちゃにされて、痴漢行為がなかったとは考えにくい。けれど、それを口にすることは、連盟や指導者の監督不行き届きを指摘することにもなるから、稲村の立場を想像すると、言えるわけがない。

 この事件はワイドショーなどでも取り上げられたが、ひどいなと思ったのが『5時に夢中!』(TOKYO MX)の女医タレント・おおたわ史絵である。おおたわは「中学生はたしかに性欲のかたまりかもしれないけど、肝心なポイントは触らないんじゃないかな」とコメントした。

 『5時に夢中!』だから、あまり硬いことを言わず、穏便に済まそうと思った可能性はあるが、このコメントの問題は男子中学生によるセクハラだけでなく、パワハラ(仕事をもらっている立場だから、本当のことは言いにくい)も絡んでいるという視点がまるでないことだ(そもそも、肝心な部分を触らなければいいという問題ではない)。

 ちなみにその昔、高畑裕太が強姦致傷(不起訴)を起こした時に、同じく女医の西川史子が、被害女性に共感を持っているとは思えない発言をしていたが、彼女たちに共通するのは「頭を下げなくて済む商売の人特有の想像力のなさ」である(患者が医者に頭を下げることはあっても、医者が患者に頭をさげることは稀なのではないか)。患者にとって、医者は一種の権力者だが、西川もおおたわも、自分が弱者になったらという想像力がまるでないのである。

 医者は世間知らずの代名詞だが、医学部と病院という閉鎖的な権力空間で育ったので、仕方ないのかもしれない。真に怖いのは「怖さを知っているはずなのに、知らんふりする人」ではないだろうか。



指原の“自己責任”ツイートへの違和感

 さいたまスーパーアリーナで行われたAKBグループのコンサートで、メンバーが2日連続ケガをした。HKT48の秋吉優花が高さ2.7メートルのステージから落下して足の指を骨折、翌日はAKB48の稲垣香織が、やはり同所からステージ下に落下し後頭部を骨折した。ステージの下にマットなどは敷かれておらず、当然運営側が非難されている中、HKT48・指原莉乃は「本人たちは絶対に自分の不注意だってわかってるから。。なんでも運営運営っていうのは違うんですよねえ。。」とツイートした(現在は削除)。

 秋吉、稲垣も運営を責めるような発言はしていないが、当たり前だ。事実上AKBグループのトップといえる指原が、自己責任と言っている以上、そこに逆らったら心象が悪くなるのだから。ちなみに、脳神経外科の医師に話を聞いたところ、一歩間違えば急性硬膜外血種を起こし、命に係わる事故になっていた可能性があるという。

 指原は「イヤモニでずっと『落ちないでね!気をつけてね!』と声がけはしてくれてます」と説明し、運営側は責任を果たしていると思っているようだが、万が一落ちた時に、ケガをしないよう策を取ることが安全対策である。これだけ長い間ステージに立っていれば、指原もひやっとした経験があるだろうし、それを運営側に伝えて策を取るのは、キャリアがあってAKBの顔ともいえる指原の仕事ではないだろうか。けれど、実際の指原は、後輩の安全より、運営側に“恩”を売ることを選んだようだ。

 女性が権力を持つと、“女帝”と呼ばれたりする。AKBの選抜総選挙で前人未踏の三連覇を達成し、バラエティで活躍する指原は、風格としては完全に“女帝”だろう。けれど、不思議なことに、権力を持つと、“女”ではなく“男”になってしまう女性がいる。メンバーの命に係わるかもしれない大惨事を“不注意”で切り捨ててしまう指原は、私にとっては典型的な「男になってしまった女」だ。

 前に出たい少女の“やる気”を理由に、少女の痛みや苦しみを無視して、自分の地位を安泰にする。指原自身もそういう生存競争をくぐりぬけて今があるのかもしれないが、「男になってしまった女」の下では、セクハラもパワハラもより悪質化するような気がするのは、気のせいだろうか。20代半ばで老成もしくは老害と化す指原は、芸能人としては完璧だが、やっぱりちょっとヤな感じである。







元乃木坂46の日テレ・市來に科せられそうな“ハードル”

 人気アイドルグループ・乃木坂46の元メンバーである市來玲奈(22)がこの4月、女子アナとして日テレに入社した。

WS000171.jpg

 市來は4年7月に乃木坂46卒業後、女優として活動。元アイドルグループ出身の女子アナは昨年5月にテレビ東京を退社した紺野あさ美アナ(30)以来となった。

 「同期入社の岩田絵里奈は『ミス慶應コンテスト2016』のファイナリストでしたが、市來に比べれば小者。おまけに、岩田は大沢たかおの元彼女であったことが最近発覚して。すっかり上層部の覚えが悪くなってしまいました。市來には各番組の担当者からオファーが殺到。早々とデビューすることになりそうです」(日テレ関係者)

 現在、日テレの女子アナでエースとして君臨するのが、昨年まで「好きな女性アナウンサーランキング」(オリコン調べ)で5連覇を達成した水卜麻美アナ(30)。

 アナウンス部内でも水卜アナの派閥が最大勢力と言われており、おそらく、市來アナも自然な流れで水卜アナの派閥に加入することになりそうだが、そうなると、クリア必須の“ハードル”を科せられることになりそうだというのだ。

 「水卜アナの人気の秘訣は女子アナらしからぬぽっちゃりボディーと大食い。水卜アナから後継者に指名されている尾崎里紗アナは入社から体重が10キロ以上増えたことを2月に出演した番組で告白。どうやら、メシ会ではまるで相撲の新弟子のように水卜アナから食わされているうちに、胃が大きくなってしまったようです。市來アナもメシ会で水卜アナの洗礼を受けることになりそうです」(同前)

 今後、乃木坂のメンバーと共演した際、激太りを指摘されるほどにならないでほしいものだが…。



☆注目記事
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
小嶋陽菜、パイ○リ専用の服を着てしまう(画像あり)

【衝撃】元NMB48岡田梨紗子「あっ、あかん…」と漏れる吐息…⇒松田美子A○転向…

乃木坂46と欅坂46、「深刻な問題」が露呈

川栄李奈、アイドル復活!? 「アイドルポーズだよう」と“激カワ”ショット披露

板野友美&島崎遥香、“ちんぱる”コンビがAKBソングを熱唱 ファンから歓喜の声殺到

NMB48山本彩、美谷間ちらり 進化した“今”の美しさ披露

元SKE柴田阿弥アナが初写真集発売、水着姿も披露

promo.jpg







AKB48・峯岸みなみを筆頭とした“居残り組”に内部も苦慮? 「やめてほしい」の声も

 毎年恒例となっている「AKB48選抜総選挙」について、昨年“史上初の3連覇”を成し遂げたHKT48・指原莉乃が3月27日、ツイッターで「今年は総選挙には出馬しません」と、表明。これに対し、ネット上には賛否両論が飛び交っているが、関係者によれば「グループの運営サイドからも批判的な声が出ている」という。

m.jpg

「今年の総選挙は記念すべき10回目の開催とあって、JKT48やBNK48、TPE48など海外の姉妹グループにも参加権がある『世界選抜総選挙』と銘打っています。一方、指原は前回の出馬時点で『今年最後』と宣言しており、今回の立候補受付期間の最終日にあらためて“不出馬”を明言しました」(スポーツ紙記者)

 ネット上のファンからは「後輩たちのために席を譲る、その姿勢がカッコいいです!」と称賛するコメントも寄せられているが、一部では「総選挙に出ないなら、さっさとグループを卒業するべき」「卒業してこそ後輩のためになるのでは?」といった指摘も。

「2005年のグループ結成時のメンバー・前田敦子や、翌年の追加メンバーオーディションで加入した大島優子などがすでに卒業している中、07年にAKB入りした指原は今も籍を置いている。指原より前に所属した柏木由紀もまだいますが、こうした“居残り組”には、運営サイドもあまり良い印象を抱いていないようです」(芸能プロ関係者)

 そして、その中でも運営陣から良く思われていないのは、オープニングメンバーの1人だった峯岸みなみだとか。

「というのも、峯岸は“AKBの肩書”をもってして、たびたび後輩を連れて合コンへと繰り出しているんです。運営幹部は、週刊誌にメンバーの動向が漏れるのもこれが原因とみていて、苦々しい思いでいるそう。そんな峯岸は、指原と違って今年も総選挙に立候補したようですが、関係者の間では『グループに居続けるための口実がほしいだけだろう』『いい加減やめればいいのに』と、呆れられています」(同)

 近頃は48系列のグループよりも、乃木坂46に欅坂46といった坂道グループの人気に勢いが感じられる。すべてのグループの元祖といえるAKBが復活するには“新陳代謝”が必要かもしれないが、“古株メンバー”の重い腰が上がるのはいつになるやら……。



☆注目記事
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
小嶋陽菜、パイ○リ専用の服を着てしまう(画像あり)

【衝撃】元NMB48岡田梨紗子「あっ、あかん…」と漏れる吐息…⇒松田美子A○転向…

乃木坂46と欅坂46、「深刻な問題」が露呈

川栄李奈、アイドル復活!? 「アイドルポーズだよう」と“激カワ”ショット披露

板野友美&島崎遥香、“ちんぱる”コンビがAKBソングを熱唱 ファンから歓喜の声殺到

NMB48山本彩、美谷間ちらり 進化した“今”の美しさ披露

元SKE柴田阿弥アナが初写真集発売、水着姿も披露










板野友美、AKB48デビュー前“14歳当時”の激レア写真を公開「幼くて可愛い」「やんちゃっぽい」と反響

 アイドルグループ・AKB48の元メンバーで歌手の板野友美が自身のInstagramを更新。

e5528_1585_88e84230773730b447711b3d84ee1075.jpg

まだAKB48デビュー前だという、14歳当時のレアな写真を公開し話題となっている。

 同投稿で板野は「棚整理してたらアルバムに懐かしい写真出てきた」とコメントを添え、12年前の14歳当時の貴重な写真を公開。

i.jpg

「AKBのデビュー前のレッスン時の写真だから14歳の頃かな、、、あの時から12年も経ったなんて…」と懐かしんでいる様子。

 そんな板野の投稿には、「今も昔も本当にとってもとっても可愛いです!大好きです」「小さい頃からずっと可愛さは変わらないんだね」「14歳!?しっかりしてるぅ。目力もこの頃からあるね」「激レアやんかぁ。永久保存やな」と絶賛の声が相次ぐ。

  さらに、「AKB初期メンだいすき」「隣のあっちゃん。本当に懐かしいね」とAKB48の初期メンバーを懐かしむ声もあがっていた。



☆注目記事
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
小嶋陽菜、パイ○リ専用の服を着てしまう(画像あり)

【衝撃】元NMB48岡田梨紗子「あっ、あかん…」と漏れる吐息…⇒松田美子A○転向…

乃木坂46と欅坂46、「深刻な問題」が露呈

川栄李奈、アイドル復活!? 「アイドルポーズだよう」と“激カワ”ショット披露

板野友美&島崎遥香、“ちんぱる”コンビがAKBソングを熱唱 ファンから歓喜の声殺到

NMB48山本彩、美谷間ちらり 進化した“今”の美しさ披露

元SKE柴田阿弥アナが初写真集発売、水着姿も披露

47f0d3180b7d31d0e0e433c1ee60f8c0.png








早くも総選挙1位に“赤信号”が灯ったSKE48・松井珠理奈

 今年で記念すべき10回目を迎える「AKB48選抜総選挙」。

 昨年史上初の3連覇および4度目のVを達成したHKT48の指原莉乃(25)、昨年が「ラスト総選挙」であることを公言。2位の渡辺麻友(23)が昨いっぱいでAKBを卒業したたため、混沌した争いが繰り広げられることになりそうだ。

 「おそらく、NMB48の山本彩は今年も立候補しないはず。となると、昨年3位だったSKE48の松井珠理奈、同4位のHKTの宮脇咲良がトップ争いを繰り広げそうです。AKBの運営としては、総合プロデューの秋元康氏がお気に入りの珠理奈が1位を獲得し、その後、卒業というのが理想でしょうが、ファンはそれじゃ納得しないでしょう」(芸能記者)



 そんな状況の中、昨年6位だったSKEの須田亜香里(26)が突如、“トップ獲り”を宣言。同じグループの珠理奈に“宣戦布告したが、先日、その2人の直接対決が実現したのだ。

 「先月23日、SKEの地元・名古屋でメンバーたちのプロレスイベント『豆腐プロレス』の興行が開催されました。松井と須田はメインのタッグマッチで対決。両者はあくまでもレスラーというキャラクターになっていましたが、火花はバチバチ。プロレスなので最後は須田が珠理奈からフォールをとるという“アングル”でしたが、終始、珠理奈が須田の技を受けようとせず試合はグダグダに。会場のファンからは不満の声があがっており、“不支持率”もアップしたようです」(観戦していた30代のファン)

 どうやら、現状では珠理奈の1位はなさそうだ。

mailtalk.jpg



☆注目記事
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
小嶋陽菜、パイ○リ専用の服を着てしまう(画像あり)

【衝撃】元NMB48岡田梨紗子「あっ、あかん…」と漏れる吐息…⇒松田美子A○転向…

乃木坂46と欅坂46、「深刻な問題」が露呈

川栄李奈、アイドル復活!? 「アイドルポーズだよう」と“激カワ”ショット披露

板野友美&島崎遥香、“ちんぱる”コンビがAKBソングを熱唱 ファンから歓喜の声殺到

NMB48山本彩、美谷間ちらり 進化した“今”の美しさ披露

元SKE柴田阿弥アナが初写真集発売、水着姿も披露











松井珠理奈、自身のコンプレックスを語る

 1月11日に放送された『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)にSKE48の松井珠理奈が出演し、今年のAKB選抜総選挙と最近ハマっているプロレスへの思いを語った。

08714464.jpg

 松井はAKB選抜総選挙で2年連続の3位だったため、今年は何としても1位をとりたいという思いがある。

 だが番組では、昨年4位のHKT48の宮脇咲良が同番組に出演した時に、「3位の松井珠理奈さんは結構手強いんです…。ちょっとケンカ強そうな感じ。(アイドルとしての)支えたい感は私のほうが上かな」とヤンキー風の松井より自分のほうが1位にふさわしいと挑発した映像が流れる。

 松井は「(ケンカ強そうとか)よく言われるんですよね…」と宮脇の発言に同意。「私、小学6年生で48グループに入ったので、ランドセルを背負ってお姉さんたちの中で頑張っていたので、『強くいなきゃ』っていう気持ちになっちゃったんですよ」と小さいころからアイドルとして活動しているため、周囲に押しつぶされないように、普段から気丈に振る舞っていた結果、「強そう」「怖そう」という印象を与えてしまう雰囲気になってしまったのでは語り、難しい表情を見せる。

アフィリエイト



 しかし、同じくSKE48の須田亜香里は「珠理奈さんは、本当はナイーブなところもあるけど、そういうところを見せずにずっと真面目に一生懸命やってきた。だから、本当に後輩から見ても、頑張ってる珠理奈さんが(総選挙で1位を)とるのは悲願だなと思います」と松井の総選挙1位獲得を応援するコメントをした。

 また、松井が最近ハマっているプロレスが話題に。「ドラマでプロレスラーの役をやらせていただいたのが始まりで、そこから勉強のために試合を見に行ったら、本当にハマってしまって。選手のみなさんが命をかけて戦っていて、倒れても倒れても立ち上がる姿に自分のアイドル人生を重ねてしまって…」と語り、現在プロレスは松井のアイドル活動の大きな支えになっているらしい。

 2年連続で3位と涙を飲んだ松井。今年こそはプロレスから学んだ不屈の精神で、AKB選抜総選挙1位というチャンピオンベルトを巻けるのか見守りたい。
関連記事

☆注目記事
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
小嶋陽菜、パイ○リ専用の服を着てしまう(画像あり)

【衝撃】元NMB48岡田梨紗子「あっ、あかん…」と漏れる吐息…⇒松田美子A○転向…

乃木坂46と欅坂46、「深刻な問題」が露呈

川栄李奈、アイドル復活!? 「アイドルポーズだよう」と“激カワ”ショット披露

板野友美&島崎遥香、“ちんぱる”コンビがAKBソングを熱唱 ファンから歓喜の声殺到

NMB48山本彩、美谷間ちらり 進化した“今”の美しさ披露

元SKE柴田阿弥アナが初写真集発売、水着姿も披露

アフィリエイト





元SKE48金子栞結婚、アイドルとスポーツ選手の組み合わせは?

 元SEK48の金子栞が、プロサッカー選手の関根貴大との結婚を発表した。2人は約2年半にわたって交際を続けてきた。関根は2017年8月より、ドイツのプロサッカーリーグ2部のFCインゴルシュタット04に所属しており、遠距離恋愛を実らせた形だ。

6500012-1-2.jpg

 芸能人や女子アナと結婚するプロスポーツ選手は少なくないが、アイドルとなるとぐっと人数が限られてくる。関根のほかには誰がいるだろうか。

 「プロ野球選手でいえば、元横浜ベイスターズの投手だった佐々木主浩の夫人は、グラビアアイドル、女優、タレントとして活躍した榎本加奈子です。前夫人もアイドルの清水香織でしたが、榎本と不倫関係に陥り、2005年に離婚、翌年に再婚しています。西武ライオンズで活躍し、現在は同球団の二軍守備・走塁コーチを務める黒田哲史の夫人は、新山千春です。彼女は90年代にはアイドル的な人気を誇った人物として知られますね」(芸能ライター)

 プロ野球選手ばかりではない。アイドルと結婚したプロスポーツ選手はほかのジャンルにも存在する。

 「プロゴルファーの西川哲の夫人は、80年にアイドル歌手として活躍していた菊池桃子です(2012年離婚)。また、同じプロゴルファーの横尾要の夫人は、90年代に巨乳グラビアアイドルとして高い人気のあったかとうれいこです。競馬騎手の三浦皇成は、2011年にほしのあきと結婚。当時、彼女は30歳を過ぎても最年長のグラビアアイドルとして活躍しており、12歳の年の差も話題となりました」(前出・同)

 「アイドルと結婚」は男性ならば誰もが一度は考えるものだが、実際に夢をかなえるにはプロスポーツ選手くらいのポジションは必要かもしれない。





欅坂46・平手友梨奈、右腕のケガより深刻な“メンタル問題”「不安定な状態が続いていた」



 人気アイドルグループ・欅坂46の中心メンバー・平手友梨奈が、右腕の上腕三頭筋損傷のケガを負っていたことが判明した。公式サイトでは「平手友梨奈に関しまして、右腕の痛みを訴え、上腕三頭筋損傷で全治1ヵ月の怪我と診断されました」。続けて「日本武道館公演への出演に向けて治療を続けてまいりましたが、万全のパフォーマンスが困難だと判断いたしました」と報告された。

 欅坂は1月30日と2月1日に東京・日本武道館で単独コンサートを開催予定だったが、2日間とも、関連グループ「けやき坂46(ひらがなけやき)」の単独公演に振り替えられる。

 平手は今月8日と13日〜14日に名古屋市内で開催された握手会を欠席。昨年大みそかの『第68回NHK紅白歌合戦』でも、パフォーマンス後に過呼吸で倒れんでおり、ファンの間ではメンタル面を心配する声が上がっていた。

 今後、ケガによってグループに迷惑をかけたことが、責任感の強い彼女に重くのしかかる可能性もある。音楽関係者の話。

「AKB48が『陽』な、欅坂は『陰』。暗めの曲が多く、それに引っ張られるようにメンバーもネガティブな子が多いのが、このグループの特徴です。中でも平手は楽曲の世界観の影響をモロに受けてしまうタイプで、昨年後半から不安定な状態が続いていました」

 平手が“限界ギリギリ”なのは、マスコミの間では広く知られた話で「楽屋に延々閉じこもることはしょっちゅう。某メディアのインタビュー取材では、終始無反応で周囲を困らせたこともある。通院治療を行っているようだが、この休養で良い方向に向かってほしいところ」(スポーツ紙記者)という。

 グループにとって平手は必要不可欠な存在だが、心身のバランスを崩しては元も子もない。右腕の負傷でしばらく休むことになるが、十分に静養してもらいたい。







欅坂46平手友梨奈、全治一ヶ月の怪我「日本武道館公演」変更

欅坂46の平手友梨奈が怪我を負っていたことが13日、公式サイトにてわかった。それに伴い、1月30日〜2月1日に開催が予定されていたグループ初の「日本武道館公演」の変更が発表された。



平手友梨奈が怪我「日本武道館」変更を発表

公式は「平手友梨奈に関しまして、右腕の痛みを訴え、上腕三頭筋損傷で全治1ヶ月の怪我と診断されました。日本武道館公演への出演に向けて治療を続けてまいりましたが、万全のパフォーマンスが困難だと判断いたしました」と報告。

日本武道館公演について、「運営で協議の結果、1月30日(火)、1月31日(水)、2月1日(木)に予定されております欅坂46『日本武道館公演』に関しまして、欅坂46(漢字欅)の公演をけやき坂46(ひらがなけやき)公演に振り替え実施いたします」と発表した。

最後に「漢字欅公演を楽しみにして下さったファンの皆様、関係者の皆様にはご心配をお掛けいたしますが、引き続き欅坂46の応援をよろしくお願い申し上げます」と伝えている。

平手友梨奈、握手会&ミニライブを欠席

平手は、今月に行われた5thシングル「風に吹かれても」発売記念握手会(個別:8日・東京、14日・名古屋/全国握手会:13日・名古屋)を欠席。

全国握手会でのミニライブにも出演していなかった。

欅坂46「紅白歌合戦」パフォーマンス後に過呼吸に

2017年12月31日に放送された「NHK紅白歌合戦」で欅坂46は、グループ史上最高難度のダンスに挑んだ迫力のパフォーマンスが特徴の「不協和音」を後半のトップバッターで披露。放送前から一部報道では、総合司会を務めたウッチャンナンチャンの内村光良がメンバーとコラボすると言われていたが、同ステージでは実現せず。その後の企画ステージにて、内村と平手友梨奈のWセンターで2度目の「不協和音」をパフォーマンスしたが、歌唱後に平手、鈴本美愉、志田愛佳の3人が本番中に倒れる事態となり、ネット上ではファンから心配の声が溢れた。

放送直後にモデルプレスがNHKの広報担当者に取材したところ、すぐに看護師に診てもらった結果、大事には至らず、3人は回復に向かっているとしていた。さらに2018年1月1日には、公式Twitterにて本番終了後の集合写真が公開され、3人の元気な姿が確認出来た。(modelpress編集部)