前田敦子、柄本佑に浮気される 70〜80年代のファッションにも注目<素敵なダイナマイトスキャンダル> - AKBグループ・乃木坂・欅坂NEWS

新着NEWS
(07/12)指原莉乃、“最長ファンレター”の思い出「A4サイズで62枚」
(07/12)「めちゃくちゃかわいい」横山由依、リモートお着替えで“ガチパジャマ”公開
(07/12)元『AKB48』島崎遥香“結婚できない発言”に「心を入れ替えればできる!」の声
(07/11)白石麻衣の最新巨乳がデカ過ぎてエロ過ぎる!【画像】ニットで乳を強調披露!
(07/08)“引退”と言われていた中、芸能界復帰か? 所属事務所がドメイン取得、元欅坂・長濱ねるに復帰番組の噂も
(07/08)島崎遥香が一瞬の表情の切り替わりで表現したもの
(07/08)柏木由紀 白いミニワンピで「絶妙に出来る女感」 脚組みポーズに「めっちゃ色っぽい」の声
(07/08)SKE48須田亜香里 HKT48田中美久ら、リモート撮影で見せる自然体な表情
(07/08)日向坂46丹生明里の活躍で「丹生ちゃん」がトレンド入り
(07/08)ガッキーそっくり!? 欅坂46・土生瑞穂、ファンはあの芸人の「デス推し」を警戒
(07/07)元欅坂46・志田愛佳&鈴本美愉、YouTubeで恋愛ネタ暴露! 「落ちぶれ感ハンパない」「印象悪くする」ファンから怒りの声も
(07/07)ファン共感しまくり! 西野七瀬、グータン共演美女2人も認めた「魅力」とは?
(07/06)白石麻衣の卒コンに来る!?元乃木坂46橋本奈々未の想定外動向にファン歓喜
(07/06)小嶋陽菜、花柄ドレス姿にファン絶賛「フリフリ可愛い」「お姫様みたい」動画も披露
(07/06)乃木坂46与田祐希、生放送中にショートヘアに大変身で絶賛の嵐
(06/29)ハーフ美女 平田梨奈、激しい妄想シーン「エロエロなポージングも楽しめます」
(06/29)西野未姫&峯岸みなみ “地雷メイク”ツーショット披露に「小悪魔系」「さすがの仕上がり!」
(06/29)島崎遥香“コロナ禍”で完全チン没…美微乳セクシー写真集で引退懸ける!?
(06/25)北原里英29歳の「挑戦」ユーチューバーデビュー
(06/24)篠田麻里子 元AKB48の“神7”前田敦子、小嶋陽菜との貴重ショット公開「偶然すぎる」

前田敦子、柄本佑に浮気される 70〜80年代のファッションにも注目<素敵なダイナマイトスキャンダル>

【柄本佑・前田敦子/モデルプレス=9月13日】俳優の柄本佑が主演を務める映画「素敵なダイナマイトスキャンダル」(2018年3月公開)のキャストが新たに発表された。

ma.jpg

同作は、伝説のカルチャー・エロ雑誌の編集長・末井昭氏の自伝的エッセイ「素敵なダイナマイトスキャンダル」(ちくま文庫刊)を、柄本を主演に迎え、冨永昌敬監督が映画化。

そして、柄本演じる末井青年の人生を翻弄する三人の女たちを前田敦子、三浦透子、尾野真千子が演じる。


前田敦子・三浦透子・尾野真千子の役どころ

若き末井青年をあたたかく支える妻・牧子役には、前田。本作で前田は、物語が展開する時代の変遷にあわせて70年代、80年代のファッションを披露し、包容力のある天然素材な妻を、飄々と演じる。

そして、末井青年が恋に恋して、道ならぬ恋をしてしまう愛人・笛子役には、三浦。サントリー「なっちゃん」のCMで2代目なっちゃんとしてデビューし、若手実力派女優として注目される三浦が、不思議な魅力を放つ電波な愛人の役に、体当たりで挑む。

ダイナマイトで爆発して、隣の若い男と心中する末井青年のスキャンダルな母・富子役には尾野。末井氏の人生に最も大きな影響を与えた薄幸な母親を、妖艶にそして儚げに演じる。富子の、女としてまた母としての心のゆらぎを細やかな表情と演技で魅せる。

主演の柄本は、豪華な三人の女優を迎え「改めて名前を並べてみると驚くほど贅沢だったんだと実感します」と噛み締め、前田は自身が演じた役を「浮気をされても嫌味をいうだけ(!?)という包容力があって、自立している素敵な女性だと思いました」と紹介。

初共演となった柄本については「もともと俳優の先輩としてもすごく尊敬していました」と語った。



伝説の編集長・末井昭

末井氏は、立て!男のエキサイトマガジン「ニューセルフ」、感じる映画雑誌「ウィークエンドスーパー」、35万部の発行部数を誇った「写真時代」など、発禁と創刊を繰り返しながら数々の雑誌を世におくりだした伝説の編集長。

セルフ出版(現・白夜書房)の設立に参加し、2012年に退社するまで同社の屋台骨を支え、現在は執筆活動やサックス奏者としてライブ活動をおこなっており、70年代、80年代の日本カルチャーを牽引した重要人物だ。

その末井氏の自伝的エッセイ「素敵なダイナマイトスキャンダル」は、末井氏が7歳の時に、隣の若い男とダイナマイトで心中した母親の実エピソードからつづられ、キャバレーの看板描き、イラストレーターを経て、荒木経惟、南伸坊、赤瀬川源平らと出会い伝説の雑誌編集長となっていくまでを描き、1982年の刊行から4度復刊を繰り返している名エッセイとなっている。(modelpress編集部)


柄本佑 コメント

母親は尾野真千子さん、奥さんは前田敦子さん、愛人は三浦透子さん。改めて名前を並べてみると驚くほど贅沢だったんだと実感します。現場では主に前田さん三浦さんと一緒でした。尾野さんは爆発してしまっていたので。前田さんのあっけらかんとした明るい軽さと三浦さんの飄々とした佇まいは見ていてとても心地良かったです。そして母親が尾野真千子という、いやぁホント贅沢な現場でした。


前田敦子 コメント

この作品の主人公は、自由な夢を持った自由な男なのですが、私が演じる牧子は、のちに夫になる彼を「はいはい」とたしなめつつもおもしろがって支えています。浮気をされても嫌味をいうだけ(!?)という包容力があって、自立している素敵な女性だと思いました。初めて共演させていただく柄本佑さんは、もともと俳優の先輩としてもすごく尊敬していました。佑さんの飄々とした中にあるかわいらしい感じが、この末井昭役にぴったりだと思いました。


三浦透子 コメント

撮影がはじまってからも常に新しいアイディアに溢れ、くるくる変わっていく現場がただただ楽しかったです。笛子さんの人生を想うと胸が苦しくなるけれど、実際に書かれた当時の編集後記の中にいた彼女は、愛嬌たっぷりで追いかけると逃げてしまいそうな不思議な魅力を持った女性でした。皆さんにもそれが伝われば嬉しいです。


尾野真千子 コメント

実話とは思えない母を演じさせていただきました。そんな実話とは思えない台本を読んで、出来上がりが想像できず不安もありました。でも出来上がりを観たときこんな伝え方があったのかと自信を持ちました。

promo.jpg




ここは記事下のフリースペースです