指原莉乃、AKBステージ落下事故への「不注意」発言に見る“男になった女権力者”の顔 - AKBグループ・乃木坂・欅坂NEWS

新着NEWS
(07/08)SKE48須田亜香里 HKT48田中美久ら、リモート撮影で見せる自然体な表情
(07/08)日向坂46丹生明里の活躍で「丹生ちゃん」がトレンド入り
(07/08)ガッキーそっくり!? 欅坂46・土生瑞穂、ファンはあの芸人の「デス推し」を警戒
(07/07)元欅坂46・志田愛佳&鈴本美愉、YouTubeで恋愛ネタ暴露! 「落ちぶれ感ハンパない」「印象悪くする」ファンから怒りの声も
(07/07)ファン共感しまくり! 西野七瀬、グータン共演美女2人も認めた「魅力」とは?
(07/06)白石麻衣の卒コンに来る!?元乃木坂46橋本奈々未の想定外動向にファン歓喜
(07/06)小嶋陽菜、花柄ドレス姿にファン絶賛「フリフリ可愛い」「お姫様みたい」動画も披露
(07/06)乃木坂46与田祐希、生放送中にショートヘアに大変身で絶賛の嵐
(06/29)ハーフ美女 平田梨奈、激しい妄想シーン「エロエロなポージングも楽しめます」
(06/29)西野未姫&峯岸みなみ “地雷メイク”ツーショット披露に「小悪魔系」「さすがの仕上がり!」
(06/29)島崎遥香“コロナ禍”で完全チン没…美微乳セクシー写真集で引退懸ける!?
(06/25)北原里英29歳の「挑戦」ユーチューバーデビュー
(06/24)篠田麻里子 元AKB48の“神7”前田敦子、小嶋陽菜との貴重ショット公開「偶然すぎる」
(06/22)乃木坂46時間TVに白石麻衣がサプライズ電話出演
(06/22)<日向坂46小坂菜緒>テストジャンパー役で“支える側”の気持ち再確認 「表舞台に立てなくてもやるべきことはある」
(06/22)齋藤飛鳥に哲学的な質問も!生田絵梨花の学生生活「ギャップ」秘話
(06/22)乃木坂時代のケータリングは争奪戦!?西野七瀬が打ち明けた不機嫌“過去”
(06/21)〈貞淑美女タレントの性白書〉 AKB48「神7」あとさきエロス
(06/18)島崎遥香、“地雷メイク”に挑戦 メイク動画に「可愛いすぎてしんどい」と絶賛の声
(06/18)日向坂46主演ドラマ「DASADA」特別放送が決定

指原莉乃、AKBステージ落下事故への「不注意」発言に見る“男になった女権力者”の顔

「本人たちは絶対に自分の不注意だってわかってるから。。なんでも運営運営っていうのは違うんですよねえ。。」HKT48・指原莉乃
(公式Twitter、4月2日)

2016sashiko_dai9i.jpg
指原の自己プロデュース力はどこへ向かう……

 昨年の『今夜解禁!ザ・因縁』(TBS系)で、タレント・ダレノガレ明美が、「野球関連の仕事を、稲村亜美に持っていかれた」と訴えていた。ダレノガレは元ソフトボール部で“野球”を芸能活動のウリとしていたが、野球選手と事実無根の熱愛記事が出たことで、「野球選手目当てのオンナ」とみなされ、仕事が激減したそうだ。代わりにグラビアアイドルの稲村亜美に仕事が流れたため、ダレノガレは稲村を恨んでいるという。

 はっきり言って、ダレノガレの“言いがかり”だったが、ここでわかるのは「仕事を取るのは、戦い」ということである。芸能界のような人気商売は、実績がある人にオファーが集中する仕組みになっていることから考えると、「他人に1つも仕事をやりたくない」というのが芸能人の本音であり、そういった風潮が、仕事をくれる人、権力を持つ人の言いなりになる構造につながっていく。

 その稲村が、先月、日本リトルシニア中学硬式野球協会関東連盟の始球式に参加した。堂々たるピッチングを披露した後に、事件が起きた。稲村を取り囲んでいた中学生たちが、稲村に突進。稲村は人の渦に巻き込まれてたちまち見えなくなった。こんな経験をしても、稲村は「わたしは全く問題なく大丈夫ですよー」とツイートし、マスコミは“神対応”とほめそやした。

 “神対応”するに決まっているではないか。なぜなら、ここで文句を言うことは、連盟に盾突くことになり、仕事を失う可能性があるからだ。常識的に考えて、1,000人ともいわれる男子中学生が、自分に向かってきたら、生命の危険を感じるほどの恐怖だろう。あんなにもみくちゃにされて、痴漢行為がなかったとは考えにくい。けれど、それを口にすることは、連盟や指導者の監督不行き届きを指摘することにもなるから、稲村の立場を想像すると、言えるわけがない。

 この事件はワイドショーなどでも取り上げられたが、ひどいなと思ったのが『5時に夢中!』(TOKYO MX)の女医タレント・おおたわ史絵である。おおたわは「中学生はたしかに性欲のかたまりかもしれないけど、肝心なポイントは触らないんじゃないかな」とコメントした。

 『5時に夢中!』だから、あまり硬いことを言わず、穏便に済まそうと思った可能性はあるが、このコメントの問題は男子中学生によるセクハラだけでなく、パワハラ(仕事をもらっている立場だから、本当のことは言いにくい)も絡んでいるという視点がまるでないことだ(そもそも、肝心な部分を触らなければいいという問題ではない)。

 ちなみにその昔、高畑裕太が強姦致傷(不起訴)を起こした時に、同じく女医の西川史子が、被害女性に共感を持っているとは思えない発言をしていたが、彼女たちに共通するのは「頭を下げなくて済む商売の人特有の想像力のなさ」である(患者が医者に頭を下げることはあっても、医者が患者に頭をさげることは稀なのではないか)。患者にとって、医者は一種の権力者だが、西川もおおたわも、自分が弱者になったらという想像力がまるでないのである。

 医者は世間知らずの代名詞だが、医学部と病院という閉鎖的な権力空間で育ったので、仕方ないのかもしれない。真に怖いのは「怖さを知っているはずなのに、知らんふりする人」ではないだろうか。



指原の“自己責任”ツイートへの違和感

 さいたまスーパーアリーナで行われたAKBグループのコンサートで、メンバーが2日連続ケガをした。HKT48の秋吉優花が高さ2.7メートルのステージから落下して足の指を骨折、翌日はAKB48の稲垣香織が、やはり同所からステージ下に落下し後頭部を骨折した。ステージの下にマットなどは敷かれておらず、当然運営側が非難されている中、HKT48・指原莉乃は「本人たちは絶対に自分の不注意だってわかってるから。。なんでも運営運営っていうのは違うんですよねえ。。」とツイートした(現在は削除)。

 秋吉、稲垣も運営を責めるような発言はしていないが、当たり前だ。事実上AKBグループのトップといえる指原が、自己責任と言っている以上、そこに逆らったら心象が悪くなるのだから。ちなみに、脳神経外科の医師に話を聞いたところ、一歩間違えば急性硬膜外血種を起こし、命に係わる事故になっていた可能性があるという。

 指原は「イヤモニでずっと『落ちないでね!気をつけてね!』と声がけはしてくれてます」と説明し、運営側は責任を果たしていると思っているようだが、万が一落ちた時に、ケガをしないよう策を取ることが安全対策である。これだけ長い間ステージに立っていれば、指原もひやっとした経験があるだろうし、それを運営側に伝えて策を取るのは、キャリアがあってAKBの顔ともいえる指原の仕事ではないだろうか。けれど、実際の指原は、後輩の安全より、運営側に“恩”を売ることを選んだようだ。

 女性が権力を持つと、“女帝”と呼ばれたりする。AKBの選抜総選挙で前人未踏の三連覇を達成し、バラエティで活躍する指原は、風格としては完全に“女帝”だろう。けれど、不思議なことに、権力を持つと、“女”ではなく“男”になってしまう女性がいる。メンバーの命に係わるかもしれない大惨事を“不注意”で切り捨ててしまう指原は、私にとっては典型的な「男になってしまった女」だ。

 前に出たい少女の“やる気”を理由に、少女の痛みや苦しみを無視して、自分の地位を安泰にする。指原自身もそういう生存競争をくぐりぬけて今があるのかもしれないが、「男になってしまった女」の下では、セクハラもパワハラもより悪質化するような気がするのは、気のせいだろうか。20代半ばで老成もしくは老害と化す指原は、芸能人としては完璧だが、やっぱりちょっとヤな感じである。







ここは記事下のフリースペースです