秋元才加「日本とフィリピン、2つのルーツを誇りに。貧困といじめから芸能界へ」 - AKBグループ・乃木坂・欅坂NEWS

新着NEWS
(11/29)「存在自体が尊い」「永久に不滅です!!」高橋みなみ、ノースリーブス12周年を報告し反響
(11/29)SKE松井珠理奈、乃木坂卒業・堀未央奈との共通点「プレッシャーや重圧もありました」
(11/28)大島優子&菜々緒、凛々しい“スーツ2ショット”姿に「最強コンビ」「カッコイイ」と話題
(11/28)HKT48 村重杏奈、“矢島美容室”コスプレを披露し「けつ圧上がる」ヒップショットを公開
(11/27)努力の成果?板野友美、“豊胸説”跳ね返す「育バスト」肌着姿に大興奮の声!
(11/27)野呂佳代、板野友美の熱愛スクープを期待「YouTuberあたりといってほしい」
(11/24)NMB48白間美瑠、“バスト渓谷”見えまくりトレ動画に「集中できへん」の声!
(11/24)【GIF】白石麻衣の巨乳谷間見せがエロ過ぎる!【画像】前かがみで乳を奥まで披露!
(11/21)柏木由紀、ダンス動画のウエスト見せに「細いっていうかもう薄い」の驚愕声!
(11/19)SKE松井珠理奈、婚約発表の野呂佳代を祝福「かっこよくて尊敬しています」
(11/19)SKE大場美奈「恥ずかしい部分も…」水着グラビア
(11/19)“婚約発表”野呂佳代にAKB時代の仲間ら祝福続々
(11/16)AKB48横山由依、デビュー11周年を報告「今日に至るまでたくさんの選択肢があって…」
(11/16)小嶋陽菜、『sweet』掲載のジュエリー輝く背中やデコルテの美肌ショットが公開
(11/16)非選抜メンバーも認めた!白石麻衣が坂道グループ「憧れレジェンド」なワケ
(11/11)白石麻衣の爆売れ写真集、ファンの間で議論が巻き起こった「透け肌着?」論争!
(11/11)長濱ねる、「巫女バイト」での失敗談を明かすも共演者は「完璧」と絶賛!
(11/08)SKE48大場美奈、2nd写真集タイトルは『答え合わせ』 限定版カバーも公開
(11/05)“グラビア3冠”高崎かなみ、無敵の透明感ボディとキュートなルックス披露
(11/05)須田亜香里 自身のアイドル活動“辞め時”について吐露「私に仕事来るのかなって…」

秋元才加「日本とフィリピン、2つのルーツを誇りに。貧困といじめから芸能界へ」

AKB48を卒業後、女優として活躍する秋元才加さん。今年は、6月には結婚、8月には出演したハリウッド映画が公開された。以前から秋元さんに興味を持ち、フィリピンにルーツを持つ女性を主人公にした小説『血の記憶』を上梓した作家の麻野涼さんが聞き手となって、近況をインタビューする(聞き手=麻野涼 構成=内山靖子 撮影=本社写真部)

20130925000821601.jpg

日本人スナイパー“ミフネ”の役で

――AKB48を卒業後、女優として舞台やドラマで活躍なさっています。トム・ベレンジャー出演の映画『山猫は眠らない8 暗殺者の終幕』に出演し、ハリウッド・デビューも果たしましたね。

秋元 このお仕事が決まったのは、自分でも驚きでした。去年の春、『山猫8』で日本人のキャストを探していた映画会社を通じて声をかけていただいて。ビデオでのオーディションだったので、アクションシーンや台本のセリフを英語で喋る動画を、3、4回、ハリウッドに送り、最終的に監督からOKの連絡が来て、日本人スナイパー“ミフネ”の役をやらせていただくことになりました。撮影は、2019年にカナダで行われたので、新型コロナウイルスの影響も受けずに済みました。

――以前から、海外の作品に出てみたいという夢を持っていらっしゃったのですか?

秋元 私の母はフィリピン人で、とても強い女性なんですよ。フィリピンでは男性があまり働かないので、そのぶん、女性がたくましい。父方の祖母もちゃきちゃきの江戸っ子ですごく自立した女性だったんですね。その祖母と母が、アクション映画が大好きで。母は『暴走特急』のスティーヴン・セガールの大ファン。

祖母は「いつか才加が、銃を持ったアクション映画に出られたら嬉しいよ。自立したカッコイイ女性の役をやってほしい」と言っていた。その影響で、自分もいつか海外のアクション映画に出られたらいいなぁって、ぼんやりと思っていたんです。

でも私たちの仕事って、いくらやりたいと思っても、オファーをいただかないことには始まらない。30代になったのに、いつまでもそんな夢を持っていていいのかな? と、気持ちが薄れつつあった時に、今回のお仕事が決まって。しかも、私はライフル銃を撃ちまくるスナイパーの役。まさに、「なるべくしてこうなったのか?」という不思議な感覚で。もちろん、すごく嬉しかったですけどね。

――ハリウッド映画に出演するということで、かなりのプレッシャーもあったのではないですか?

秋元 私の中では、お仕事に「小さい」とか「大きい」という感覚があまりないんです。どの仕事もすべて一緒とは言いませんけど、ハリウッドだから緊張するということもまったくなくて。「公開日が決まりました」と言われてから、「大丈夫かな?」って(笑)。

世界中のファンに愛されている人気シリーズに出たことで、自分が思っていた以上にみなさんに注目していただけて。「私はすごい作品に出られたのかもしれない」って、今、ようやく実感しているところです。


ガスや電気が止められたことも

――先ほどもおっしゃいましたが、「お母さんはフィリピン人」ということを早くから公言しておられました。秋元さんがデビューした頃、東南アジア系のルーツを持つことを明らかにしている方は芸能界にほとんどいませんでしたね。

秋元 実は、AKB48のオーディションを受けに行くと言った時も、母に反対されました。「娘が心ないことを言われるかも」って心配したようで。AKBに入った当初も、「伏せておいたほうがいい」と言われました。でも、私はすぐにカミングアウトしたのです。自分は何も悪いことをしていないのに、なぜ隠さなきゃいけないんだろう? って。

「恥ずかしいから」と母は言うけれど、私は2つのルーツがあることを誇りに思っているし、恥ずかしいことなんか何もない。むしろ、「フィリピン人とのダブルであることに自信を持っている」私の姿を母にも見てほしかったんですね。

――その潔さに感銘を受けて、秋元さんのような強い女性を主人公にしたミステリーを書いたのですが、子どもの頃は、ダブルだということでいじめられたのでは?

秋元 かなり、いじめられました。小学校の校庭を歩いていると校舎の3階から大きな石を投げられたり、「秋元、死ね」と公園に落書きされたり。フィリピンでは習慣なのですが、赤ん坊の頃からピアスをし、髪を染めて派手な服も着ていましたからね。おまけに背も高かったので、ただでさえ目立ってしまう。

千葉県松戸市の外れの小さな町で育ったこともあり、そんな私の存在が周囲には異質だったのでしょう。女の子の仲良しグループには入れず、学校では一人が多かったですね。休み時間は図書室で本を読んだり、詩を書いて過ごしたり。「みんな私のことが嫌いなんだ」と、誰もいない階段の踊り場で泣いたこともありました。

でも、決してメソメソしてばかりいたわけじゃありません。石を投げられた時はすぐに校長室に行って、「私は何もしていないのに理不尽だ!」と訴え、石を投げた生徒のもとへ校長先生を連れて行き、その場できちんと謝らせましたよ。

――たくましい。その強さはどこから生まれてきたのでしょう?

秋元 両親に愛されて育ったからだと思います。私の両親はなんの根拠もないのに、「うちの娘はすごいでしょう!」って、いつもポジティブなんですよ。親にそう言われたら、子どもだって俄然やる気が出ますよね。

近所の子が「フィリピン人、フィリピン人」と私をからかった時も、「おまえより、うちの娘のほうが勉強もできるし、秀でているものがたくさんあるんだよ!」って、父が怒鳴り返して。「頑張って勉強して、いじめるやつらを見返してやれ!」っていつも言われていました。

その言葉通りに、子どもの頃から、勉強も頑張ったし、運動会の徒競走でも1等賞。児童会の活動もやりました。きちんといい結果を出したら、誰も私に文句を言えなくなると思っていたので。

――「いじめ」にあっただけでなく、以前、出版されたフォトブック『ありのまま。』に、小学校高学年の頃から、実家が経済的にかなり苦しくなったとも書いておられましたが。

秋元 うちの父はフーテンの寅さんのような自由人だったので仕事が続かず、羽振りがいい時もあれば悪い時もあったんです。そのぶん、母が夜の店で働いて家計を支えていたのですが、年齢が理由で接客業の仕事をクビになり、経済的にどんどん苦しくなっていったんです。私が中学に上がる頃には、家のガスや電気が止められたこともありました。

――つらくはなかったのですか?

秋元 さすがに、冬場にガスが止められた時はきつかったですね。でも、フィリピンの暮らしに比べれば、日本はラクだなって。子どもの頃、毎年、春休みにフィリピンのカモテス諸島というところにある母の実家に里帰りしていたんです。現地では島じゅう停電になることがよくありました。でも、たとえ電気が止まっても、フィリピンの人たちは夜空の星を見上げてのんびり楽しんでいた。

うちも、日本の中では貧しかったけど、そのくらいのお金でも、フィリピンに帰ればお金持ちなんですよ。子どもの頃、服はいつもフリマで200円とか300円で買っていましたけど、それで十分こと足りていた。フィリピンではもっとボロボロの服を着ている子もいますからね。

日本では当たり前のことが、フィリピンでは当たり前じゃない。反対に、フィリピンでは当たり前のことが、日本では当たり前じゃない。2つのルーツがあることで、価値観や暮らしのスタイルもそれぞれ違って当たり前ということを幼い頃から自然と感じていたので、貧しさに対しても、人より寛容になれるんだと思います。

――中学に上がる時、制服を買うお金がなくて、お父さんがロレックスの時計を売って制服を揃えてくれたこともあるそうですね。

秋元 それ、いまだに文句を言われる(笑)。その時のお金、とっくに父に返したんですけどね。まあ、そんな状況でしたけど、家族で銭湯に行ったり、たまに父がステーキ食べ放題のお店に連れて行ってくれたりと、貧しいなりに、うちの両親はいいお金の使い方をしていたと思います。

貧乏にしてもフィリピン人とのダブルであることにしても、周囲から異質だと思われていても堂々としていようと、私もかなり早いうちから吹っ切れていたので、意外と平気でしたね。


AKBは、25歳で卒業しようと決めていた

――17歳でAKB48のメンバーに。女の子の仲良しグループに入れずつらい思いをした秋元さんが、なぜ女子高生の集団のようなAKB48に入ろうと思ったのですか?

秋元 これも不思議なご縁だと思います。集団行動って、今でも苦手なんですよ。だから、AKB48も最初の頃は不安でした(笑)。お揃いの制服も、私のビジュアルでは少し浮いていましたし。

私の原点は、小学校の頃に「カッコイイ!」って初めてハマったスパイス・ガールズ。その後、モーニング娘。さんやJポップも好きになり、その一方で、歌が好きな両親に「本物をちゃんと見ろ」と、テレビで美空ひばりさんやテレサ・テンさんの特集があると必ず見せられていて。

そんなにお金もなかったはずなのに、東京ドームで行われたマイケル・ジャクソンのコンサートにも連れて行ってくれたんです。その時に、「すごい!私もあんなふうにステージに立ちたい」って思ったんです。

――マイケル・ジャクソンに憧れて、芸能界に?

秋元 はい。もうひとつ、芸能界を目指したのは、いじめられていたからという理由もありました。どうやら私は個性的だから、みんながとやかく言ってくる。でも、芸能界に入ったら、きっと自分の個性を認めてもらえるに違いない。

好きだった男の子に「秋元ブス」って公園に落書きされて自尊心がズタボロになったけど、芸能界に入れたら自分に自信が持てるはずだ。きれいな恰好をして、お金もたくさんもらえて、豪邸に住んで、自分をいじめてきたやつらを見返してやりたいって。

それで、何度かオーディションを受けたんですけど、合格しても「入所金30万円」とかお金がかかってしまう。そんな時、渋谷を歩いていたらAKB48のメンバー募集のチラシをもらったんですよ。受かってもレッスン費用はかからないうえに、オーディション用の写真も携帯の写メでOK。

しかも、主宰の秋元康さんは美空ひばりさんの「川の流れのように」を作詞した方。両親の影響で私もひばりさんのファンだったので、ここならいいかも、とAKB48を受けました。

――実際にメンバーになってからは、どんな心境だったのですか?

秋元 今は変わってきているかもしれませんが、私が入った頃のAKB48は、個人の意見や自分なりのプロデュースというものはあまり必要なかったと思います。その中で、私は自分の意志を持ち始めた。目指すビジョンが見えてきたのが20歳くらいの時。実際に、グループ全体の方向性と自分がやりたいことが年々ズレてきていました。いろいろ考えて、25歳が限界だなって。恋愛禁止というルールもありましたが、25歳で「カレシがいません」って、言い続けるのも苦しくなってきましたし。(笑)

――それで、25歳になったら卒業しようと決めていたわけですね。

秋元 はい。23歳くらいの頃からスタッフさんに相談していましたが、なかなか秋元さんにつないでくれなかったので、25歳になった時、「卒業したい」と、秋元康事務所に直談判しに行きました。アイドルには確かに旬があるかもしれないけれど、女性の賞味期限って、いったい誰が決めるんだろう?という疑問もありました。

私は、いつまでも若くてカワイイ女の子を良しとするのではなく、年齢とともに知識や教養を身につけて「30代は楽しいよ、40代はもっと素敵だよ」って言える女性になりたかったんです。そのために、25歳からの人生は自分で決めて、自分が理想とするカッコイイ女性になっていこうって。


仕事もプライベートも川の流れに乗って

――今年の6月に、ご結婚もされました。「ステイホーム」の時期と重なりましたが、何か思うところがあったのでしょうか?

秋元 よく聞かれるんですけど、まったく関係なくて。おつきあいして5年目になったので、そろそろ結婚しようという話をしていた時に、「一粒万倍日と天赦日が重なってすごく縁起のいい日があるよ」と友達が教えてくれたので、「じゃあ、その日でいいや」と(笑)。これは私の性格ですが、人生はなるようになっていくものだと、常に考えているフシがある。AKB48時代に、秋元康さんにも「才加は川の流れに乗っていけば、ある程度のところまでは行けるから、抗わずに流れに乗っていけ」って。

――お仕事は今までどおりのペースで続けるのですか?

秋元 もちろんです。先日、ある方に「家庭に収まる人じゃないと思っていた」と言われましたけど、私の中では、結婚イコール「収まる」という感覚ではないんですよ。日本では、結婚したら女性は家に入るみたいなイメージがまだあるようで、すごく違和感がありますね。

女優の仕事も、目の前のものにひとつひとつきちんと向き合ってきて、今やっとここまで来られたわけですから、働く気満々です! 

先輩として憧れているのは余貴美子さんやキムラ緑子さん。妖艶な美女もやれば、凄みのある汚れ役や老け役も見事に演じておられる。その振り幅がすごく素敵だなって。でも、それって人間的な幅がないと演技に反映されないものでしょう。

私も、これまで経験してきたつらいことや楽しいことをすべて糧にして、「息、長かったよね、秋元」って、最後に言ってもらえるような女優になれたらと思っています。


≫≫生活が一変しました!!≪≪



☆注目記事
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
白石麻衣が乳首ポロリ披露!【画像】まっピンクやんけ!「my channel」がエロ過ぎる!

“アイドル正統派ど真ん中のエース”NGT48本間日陽、ビキニ姿で美ボディ披露

欅坂46キャプテン菅井友香が目指すチームの未来

篠田麻里子、ファンも動揺した“バスト爆裂化”は期間限定?

小嶋陽菜、パイ○リ専用の服を着てしまう(画像あり)

元AKB48大島麻衣が女性の本音ラブソングを熱唱「ティッシュ&キス」に共演者から称賛の嵐

日向坂46・小坂菜緒が18歳に やりたいことは「一人焼き肉」

【GIF】峯岸みなみの乳○ポロリ画像がエ口過ぎる!【画像】ビー○クが丸見えに!

白石麻衣の最新巨乳がエ口過ぎる!【画像】ニット乳、乳谷間、短パン太ももを披露!

AKB48柏木由紀、豊満バスト&大人っぽい表情で悩殺


















ここは記事下のフリースペースです